綺麗な女になるために良い恋をしよう

よく恋愛をすると
「肌の色が良くなりツヤが増した」
「胸にハリができ大きくなったように感じる」
といったようなことが起こると言われています。

一見するとただのオカルトに見えますが、これはちゃんと医学的に効果があると立証されています。

恋をすると女性らしさが増す理由は、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されるからです。

これは恋をすることで人間の本能的な部分で「より綺麗になろう」「より女性らしくなろう」という風に体がはたらきかけるからであり、結果としてエストロゲンの分泌がいつもより多くなるのです。

エストロゲンには肌質を改善する働きや血色をよくする働き、髪や爪のハリを向上させる働きがあります。

これらはすべて魅力的な女性には欠かせないもので、魅力的な女性にならないことでは恋愛は成就できません。

つまり、良い恋をしてエストロゲンの分泌を良くすることでより良い女になれるということです。

恋愛をして恋愛ホルモンを増やす

恋をすることで女性ホルモンの分泌が増すだけでなく、恋愛ホルモンと呼ばれるフェニルエチルアミンというホルモンの分泌も促されます。

これはドキドキと緊張するような恋をしているときに分泌されるもので、身体を興奮状態にします。

つまり、身体を覚醒させる効果があるホルモンということであり、モチベーションやパフォーマンスを向上させることに繋がるのです。

恋愛という面に絞れば美意識が高くなるということであったり、セックスに対して意欲的ということであったり、色気が出やすいということでもあります。

これも良い恋愛をするにはホルモンの分泌が欠かせないことを裏付けしています。

このページの先頭へ