綺麗な肌は女性ホルモンが欠かせない

ニキビと女性ホルモンは密接な関係があります。

10代の頃にできるニキビ(思春期ニキビ)は体のホルモンバランスのコントロールが上手くできないためにできてしまうもので、成長期が落ち着くまで――つまり体内のホルモンバランスが落ち着くまで発生する心配があります。

しかし、これは体内のホルモンバランスさえ整ったらできる心配はありません。

しかし、20代以降にできるニキビ(大人ニキビ)は違います。

大人ニキビは肌に溜まった皮脂や汚れ、古くなった角質が原因となってできてしまうものですが、これは肌のターンオーバーが正常に行われていないからです。

髪の毛や爪と同じく肌も毎日のように生まれ変わっています、

そしてその生まれ変わりと女性ホルモンには切っても切れない縁があります。

ターンオーバーの正常化と女性ホルモン

睡眠不足や偏った食生活といった生活習慣の乱れは体の中にストレスを溜めこんでしまいます。

ストレスが溜まってしまうと自律神経のはたらきを阻害してしまい、ひいてはそれが肌のターンオーバーを遅らせてしまいます。

実は女性ホルモンにはこの自律神経をリラックスさせ正常なものに戻すはたらきもあるのです。

女性ホルモンの分泌が正常に行われているということは、身体の機能に支障がないということです。

これは女性ホルモンの代表格であるエストロゲンは血液や骨、神経すべてに女性ホルモンが大きくかかわっているからです。

ストレスを体に貯めこまないこと、これは大人ニキビの予防にも治療にも欠かせないことです。

ストレスを溜めないような生活を送るのが一番ですが、そうすることができない場合は女性ホルモンの分泌に気を付けることでストレスの蓄積を最小限にすることができます。

間接的になりますがこれがエストロゲンによるニキビケアの実態です。

ニキビ跡には注意

女性ホルモンが乱れてニキビができてしまうことは説明しましたが、ニキビができるだけなら、女性ホルモンのバンランスを整えてやり、正しいスキンケアを行えば、ニキビはすぐに治すことができます。

しかし、ニキビができたのにもかかわらず、何も対処せずにニキビを放置しているとニキビ跡になり、治したり、消したりするのに時間もかかりますし、お金もかかります。

ひどい人になると、ニキビ跡の治療をしたにもかかわらず、跡になって残り続けるという人もいます。

まず、ニキビが悪化すると赤みを帯びてきます。

これはいわゆる、赤みのタイプのニキビ跡です。

詳しくは、こちらのサイトの「赤みのあるニキビ跡の頁」を参照ください。

赤みを帯びてきたら、悪化している信号ですので、何かしらの対処をしてください。

このページの先頭へ