美しい胸は女性ホルモンが作る

女性の多くが望んでいるバストアップ。

そのバストアップにエストロゲンの存在は欠かせません。

なぜなら、エストロゲンの分泌を活性化させ増やしていくことが胸の乳腺を刺激して肥大化させるからです。

一般的に女性ホルモンは思春期に多く分泌され、成人するまでが一番多く分泌される時期と言われています。

言い換えるなら自然に胸が大きくなる時期はこのときだけということです。

そのため、20代も半ばに差し掛かる頃には自然なバストアップを望むことはできませんが、逆に言えば分泌のピークを遅らせることさえできるのならいつまでもバストアップは期待できるということです。

そして、そのためにはエストロゲンが必要なのです。

エストロゲンとバストアップ

エストロゲンは女性ホルモンの一種で、排卵を促す、自律神経のバランスコントロール、骨密度の維持、血中のコレステロールを減らす、他のホルモンの動きを促すといった働きにも期待できますが、胸・乳腺を発達させることにも期待できます。

乳腺を大きくすると単に胸を大きくすることが望めるだけではありません。

しっかりとした張りと揉みごたえのある胸にすることができるのです。

単に脂肪がつくだけでなく、胸を形作るのに一番重要な基礎となっているのが乳腺なので形が悪くなることはありませんし、歳をとっても垂れたり離れたりすることがありません。

つまり、一時的ではないバストアップ、いくつになっても若々しい胸を保つためのバストアップをすることに期待できるということです。

美容形成手術でのバストアップではなくあくまで体の中から自然と成長を促すことによるバストアップなので安全なのもポイントが高いです。

このページの先頭へ