何気ない行動で女性ホルモンは減ります

一生のうちに女性ホルモンが分泌される量はティースプーン1杯分だと言われており、それを食事や運動に気を付けたり、サプリメントを飲むことで増やしていきます。

しかし、これは少しの刺激でも分泌量に影響が出やすいということであり、逆に言えば何気ない行動一つで分泌量が一気に少なくなってしまうということです。

特にストレスまみれの現代では、下記の症状で症状で悩む女性が多いので、しっかりと対処することが必要です。

  • 生理が不規則
  • PMSが激しい
  • 肌荒れする

女性ホルモンが減る行動

以下が女性ホルモンが減ってしまうような行動です。

  • 喫煙
  • ストレスの蓄積
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 体を冷やす(冷え症&低体温含む)
  • 運動不足
  • 飲酒

といった「気を付けないと起こりやすいこと」が女性ホルモンを減らしてしまうのです。

そのため、少しでも体に不調を感じてきたのなら女性ホルモンを増やすための行動をとるようにしましょう。

何も対処しない場合の女性ホルモンの分泌量は決まっているため、日常の何気ない行動や生活習慣がきっかけとなって女性ホルモンがどんどん減ってしまうということは珍しくありません。

女性ホルモンが減ってしまうと胸や肌、髪の毛、生理といった女性らしさにかかわるすべての部分に悪影響が出てしまいます。

このページの先頭へ