イメージ画像

女らしさの秘密は女性ホルモンにあり

女性が体も心もキレイになるためには女性ホルモンの存在が欠かせません。

逆に言えば女性ホルモンが欠けていればどれだけ努力をしていても美を保つことは難しいのです。

たとえば、ニキビ・ニキビ跡がない肌を保つために女性ホルモンは必要不可欠ですし、バストアップをする時にも欠けていれば効率が悪くなってしまいます。

生理不順やそれにともなうPMSも女性ホルモンと切っては切れないことなので、女性ホルモンのバランス次第で痛みを抑えることが可能ならばそうしたいと思う女性は多いのではないでしょうか?

女性ホルモンは恋愛ホルモンとも呼ばれるほど恋と関係しているので、女性なら常に分泌を活性化させておきたいところ。

つまり、今よりも女らしくなりたいと思うのならば、女性ホルモンのバランスコントロールをすることが何よりも必要ということです。

女性ホルモンを増やそう

女性の身体

男性ホルモンにしろ女性ホルモンにしろ20代の半ばをピークとして徐々に分泌量が減っていきます。

そして、40を超えるとその減る量は一気に増え、身体・精神の様々なところに支障をきたすようになります。

最終的に60を超えるとホルモンの分泌量は全盛期(20代前半)の8分の1になると言われており、それは心身のパフォーマンスレベルも8分の1になっているということです。

ホルモンの減少はそのまま老いを意味します。

特に女性ホルモンの減少する速度は男性ホルモンよりも早いので気を付けることが必要です。

しかし、このホルモンが減る速度は遅らせることができますし、増やすことも可能です。

ホルモンの維持さえできるのならばいつまでも若々しい体でいられますし、性的な魅力も損なわれることはありません。

当サイトでは女性ホルモンの分泌をコントロールする方法や増やす方法を紹介しています。

また、女性ホルモンと大きく関係しているバストアップやスキンケアのことも書いているので是非参考にしてください。

このページの先頭へ